構造化知識研究所ホームへ

会社概要

パートナー

用語集

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

A Leading Provider of Structured Knowledge Management

構造化知識研究所とは
SSMとは
サービス内容
ソフトウェア
未然防止の部屋
ダウンロード

Now Here!
HOME

用語集

トラブル原因分析




トラブル原因分析




トラブル原因分析とは、基本的には、実際に発生したトラブルに対して、その対象における観察、調査、分析を通じて、トラブル発生メカニズムと具体的な原因を把握し、トラブルを防ぐために対策を打つべき原因を明確にすることである。但し、前述の明確にした原因に対して具体的に実施すべき対策の整理またはその対策実施による効果確認まで含めてトラブル原因分析という場合がある。また更に広い意味では、今後、類似トラブルの再発を防ぐために、そのトラブル原因をつくりこんだ業務を今後実施する場合に留意すべき事項(予防処置)を教訓として整理する活動を含めることもある。
一方で、トラブル原因分析という用語は、今後起こりうるトラブルに対する予測的な原因分析に対しても用いられる場合がある。例えば、製品安全のためのリスクアセスメントや設計開発におけるトラブル未然防止活動のなかで、起こりうるトラブルを取り上げ、そのトラブルの発生メカニズム、トラブル原因を推定していくアプローチに対しても原因分析という用語が用いられる場合がある。
いずれにしても、トラブル原因分析は、個人の経験や知識に依存した進め方では適切に分析を進められない場合が多いため、原因分析チームを構築して組織の知識を集めて分析を進めることが重要である。SSMによる構造化知識ベースは、このような取り組みを強力に支援することができる。また原因分析を進めた結果の教訓も、知識構造化アプローチでSSM知識化すれば、知識活用を通じて再発防止、未然防止の徹底につなげることが可能になる。

用語集トップ(索引)に戻る





サイトマップ

当サイトのご利用にあたって

個人情報の取扱について